配線工事は床と天井どちらが効率的?

環境別の配線工事

配線工事でも内容は様々

インターネット回線を室内に引き込んだ後、各OA機器に配線する際、住居などの場合は、天井裏のスペースを使って配線していることが多いです。 オフィスと異なり、床面をOAフロアにできるような設計になっていないことが多く、床面を底上げするとその分天井高も低くなりますし、廊下との段差も発生してしまいますからね。

天井裏で配線する方法

一口に配線工事と行っても、その種類は様々です。
イメージしやすいのは電気製品のために酷暑にコンセントを設置する電線工事ですが、最近のインターネットの普及に伴い、オフィスのみならず、家庭内でも、インターネット回線、LANケーブルの配線なども含まれます。
配線は人間でいうと血液を運ぶ血管のようなもの。
途中で切れたり、障害が発生してしまうと、全ての電化製品やネットがストップしてしまうことにもなりかねません。
また、回線には熱を発するものも多いので、発熱による火災や、水漏れによる漏電などへの配慮も必要になります。

専門業者によって配線工事をされた際、その配線は何処を通っているのかご存じですか?
天井に設置されている聡明器具へ電気を伝えるための引っ掛けシーリング工事などの場合は天井を通って配線されていることは容易に想像できます。
また、電源スイッチやコンセントなどへの配線であれば壁の中などに配線されています。
ただ、これらの配線は主に新築物件、あるいはスケルトンの状態にしたリフォーム工事などで行われることが多いです。
壁や天井の内装工事を完了してしまうと、配線の改変が困難になるからですね。
また、オフィスなどでよく見かけるのが、床面が基本の高さより10cmほど上がっているOAフロアなどを採用して、そのスペースに配線をしている方法です。
このように工事する場所や環境によって、配線される場所が異なります。
その中で、インターネット回線やLAN配線については、天井裏にする方法と床面にする方法、どちらも多く見られます。
何処に配線する方が工事するのに効率的なのでしょうか。

OAフロアを利用した配線

オフィスは特にPCやコピー機(複合機)、ネットワークサーバーなど、様々なOA機器が設置されています。 仕事の上で、グループ改変や組織変更なども頻繁に起こることもあり、その都度、レイアウト変更が必要になります。 もちろん、社内LANの再編成なども必要になることも多くあります。

配線工事の注意点

一戸建てだったり、スケルトンにした後の大規模リフォームの場合、配線工事は、まだ壁や天井の内装が完了していない時に行われます。 問題なのは、完成後、ケーブルを追加したい、あるいは、配線の経路を変更したい、などに対する対応です。 配線工事を行う時に注意したい点があります。

TOPへ戻る